SCROLL

1じかんに、1じかんだけ、すすむ。

カンタンなようで、けっこう難しいこと。いそぎすぎず、なまけすぎず。

カンタンなようで、けっこう難しいこと。

いそぎすぎず、なまけすぎず。

ものすごいスピードで生きるひとに、ホッとひと息してもらえるように。

ものすごいスピードで生きるひとに、

ホッとひと息してもらえるように。

いつでもドキドキしてたいひとに、「いま」を感じてもらえるように。

いつでもドキドキしてたいひとに、

「いま」を感じてもらえるように。

STAFF?

ご縁にワクワク

WE are

じそく1じかんと申します!

理屈より気分。理屈より気分。

「じそく1 じかん」という名前について、

語ろうと思えば、いろいろ語れるのですが。

でも、ひと言でいうと、「なんかいいと思ったから」

というほうが、実はしっくりきます。

いろいろ考えた結果、なんかいい名前だなあ、と。

この「なんかいい」、選ぶのはそう難しくない。

おいしい食事や、かわいい雑貨や、きもちいい空間。

いろんな候補から、じぶんに響くものを選ぶ。たのしい。

でも、なんかいいものを「つくりだす」のは、

なかなか難しいことだったりします。

自由って浮遊。自由って浮遊。

なんかいいパンと、そうでもないパン。

なんかいいコーヒーと、そうでもないコーヒー。

なんかいいお店と、そうでもないお店。

数値や言葉だけでは語れない、その繊細な違い。

絶妙な感覚や、確かな技術、情熱的なこだわりが

あってはじめて、生みだせるものだと思うから。

IDEAS

「なんかいい」集

  • なんかいいセット

    「アフタヌーンティーって、
    なぜあんなにドキドキするのか。
    そのドキドキを、パン屋らしくカタチにしてみました。

  • なんかいいトング

    その日、選んだトングによって、
    選ぶパンが変わったらおもしろい。
    そんな発想から、いろんなトングが勢ぞろい。

  • なんかいいサンド

    どんなにこだわったサンドイッチも、上下のパンは同じ。
    素朴な疑問から生まれた「サンド不イッチ」なのでした。

  • なんかいいライト

    「顔、あげなよ」。みたいな感じで、内側に空模様を。
    東から西にかけて、朝から夜に表情を変えていきます。

  • なんかいいタイル

    おばあちゃん家っぽいこれ、最近はあまり使わないそう。
    だからこそチャレンジしました。一枚一枚、手作業です。

  • なんかいいボトル

    かわいいだけじゃない。実は、中身もこだわってます。
    エスプレッソが苦手なひとでも楽しめる一杯を求めて。

PROJECTS

なんかいいお店たち

  • なんとかプレッソ

    なんとかプレッソ

    住所

    〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-9-6 Luz自由が丘1F

    営業時間

    10:00~19:00

    定休日

    定休日なし

    電話番号

    03-5701-0508

  • パンとエスプレッソと自由形

    パンとエスプレッソと自由形

    住所

    〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-9-6 Luz自由が丘3F

    営業時間

    9:00~19:00

    定休日

    定休日なし

    電話番号

    03-3724-8118

JISOKU is

どんな会社?

「じそく1じかん」ってどんな会社?

「じそく1じかん」は、「パンとエスプレッソと」のブランディングをお手伝いしてきたコピーライターと、その友人の会計士がつくった会社です。そもそも代表のふたりとも「パンエス」さんと個人的なつながりがあったことからスタートしたプロジェクトなのでした。ありがたいことに、「のれんわけ」と言っていただくこともあります。本業ではないふたりが参加しているからこそ、「パンとエスプレッソと」が築いてきたものをだいじにしながら、パンとコーヒーのあたらしい可能性にチャレンジしていきたい。コトバや発想の視点から、おカネや時間の視点から。まだまだできること、いろいろあると思ってます。つぎは、どんなことやろうかな。

STAFF?

ご縁にワクワク

将来、じぶんのお店をもちたいひととか、わりと合うと思います。将来、じぶんのお店をもちたいひととか、わりと合うと思います。

好きなことに実際にチャレンジしてるひとって、
意外というか、実は、すごく少ない。
パンが好き。コーヒーが好き。ひとを笑顔にさせることが好き。
やりたいことを夢中でやってるひとって、キラキラしていて、
もっとおいしいパンを、もっとおいしいコーヒーを、って。
ほんとうにピュアというか、まっすぐというか。
そんな人たちが集まっているこの環境は、
よくよく考えてみると、奇跡みたいな毎日なのかもしれないなあと。
だから、仲間をだいじに。卒業してからもずっと、
長い人生のなかで信頼しあえる、すばらしい関係になるはずだから。
ひとつでも熱中できることがあると、人間って、
やさしく、つよく、なれるものなんですね。